実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

❝ Glutenfree is Identity ❞

私たちのグルテンフリーに対するスタンスは、❝ 選択肢の1つ ❞。
ライフスタイルであり、個性であるから、自由な存在。
だから、私たちは小麦(グルテン)も否定するつもりがない。体調への影響なども論じない。

ただ、グルテンが体に合わずにパン・クッキーなどが食べられない人がいる。
美容と健康のために小麦(グルテン)が入らない商品を好む人がいる。
そんな人たちがグルテンフリーを実践したくても、日本では非常にやりづらい。
そんな不自由さだけ、この社会から無くしたい。

誰しもが、食生活を楽しめる時間を提供するにはどうすればいいか?
そんな純粋な想いで、このGFUGのプロジェクトは立ち上がりました。

そう、グルテンフリーは、identity(個性)であって、人生の選択肢の1つ。

だから、このブランドの愛好者は、健康的×美味しいもの好き“全員”です。
 「小麦と共存する」を、コンセプトに

「小麦は体に良くない」とか、自分たちの意見を正当化するために
アンチ(anti)を創る考え方に疑問を抱いた。
だって、世界中の料理には小麦が使われていて、美味しいでしょ。
小麦で幸せになれる人がいて当然だ。
だから、私たちは小麦を否定しない。AorBでなく、AandB。

「今日はグルテンフリーにしようかな」と思ったときに、
気軽にアクセスできる世の中にしたい。
その想いだけで、GFUGというブランド&プロジェクトは誕生した。

みんなで創る『参加型』&『社会型』のブランド

グルテン過敏症の私は、
ひと息つくためのスイーツやパンが食べられない。
でも市販のグルテンフリー商品は高くて、販売店も少なくて。
とにかく生活に不便を感じた。
「食べたいけれど、食べられない」を無くすため、『GFUG』を創った。
皆さんも、私たちと一緒にプロデュースに加わりませんか?
GFUGは、日本の米、大豆農家さんたちを巻き込んで、商品化。
購入するたびに、日本の生産者の売上向上に寄与。
あなたも、社会企業家の1人へ。

『会員制グルテンフリー専門店&BAR』のOPENを目指して

私たちの目標は、完全会員制グルテンフリー専門店&BARのオープン。 Lunchではイートイン / テイクアウトできる
グルテンフリーのDELI(総菜)やパン・スイーツが並ぶ…。
Dinnerでは、グルテンフリー料理×自然派ワインが楽しめる…。
もちろん小麦は店内には一切入れず、使わない。完全紹介制+会員制。
アンダーグラウンドな空間演出なのに、カラダとココロは
とってもヘルシーなBAR『GFUG』を東京にOPENしたい!
この想い、届いていますか?
『GFUG』の設立に向けて賛同者や投資家を募集中!

おいしい、カラダに優しいをモットーに

グルテンフリーでも、グルテンの代わりに食品添加物などが
含まれていると、なんだか本末転倒な気がしませんか?
私たちは、「毎日食べてもカラダに優しいこと」を最優先に、
原材料を選びぬき、飽きのこない商品を毎月お届けする。


『Jupiter』 (福岡県)
■米粉でつくったエイブルスキーバー
(デンマークの伝統料理)
■小麦・卵・砂糖・乳製品不使用!
■食品添加物 不使用!

商品購入は写真をクリック!

公式WEBサロン『GFUG』

・商品購入はすべてオンラインで!

・毎月20~25日に指定宛先へ配送

公式WEBサロン『GFUG』

・商品購入はすべてオンラインで!
・毎月20~25日に指定宛先へ配送
会員制Facebookページ

・毎月の商品更新はココで確認
・会員制Facebookで告知
会員制Facebookページ

・毎月の商品更新はココで確認
・会員制Facebookで告知

CREW

「グルテンフリーの商品をもっと日本に増やしたい!」という情熱のある方、一緒にGFUGで商品づくりをしませんか?
純粋な想い×行動力があるメンバーでブランドづくりをするから、楽しい!
GFUG Founder
GFUG Founder 井上 嘉文
神奈川県生まれ、みずがめ座。学習院大学 心理学科卒。(株)三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、数社で経験を積み、emotional table代表。食品添加物・白砂糖・小麦に対して過敏に反応する体質を活かして全国で“無添加食品”のプロデュースを行う。ブランディング、PRコンテンツの戦略~制作などを軸に、全国の生産者・企業・自治体を支援。年間、約90回の出張で獲得できる情報量とネットワークを活用して、6次産業化の1つ先の「6.2次産業化」を提唱。25歳からグルテンフリーダイエットを始めて、体に相性が良いため、現在も継続中。
GMF
GFM 募集 ※GFM=グルテンフリーメイト

経営者、会社員、主婦、学生…。立場や年齢は関係なし!
それよりも、大事なのは「目的」と「意識」が共有できていること。
あなたの個性と得意分野を活かせるのが、GFUGプロジェクトです。

【こんな人にオススメ&探しています】

・小麦アレルギー、グルテン過敏症の人(自分or家族)
・美容と健康のために、グルテンフリーの生活を実践している人
・餃子、パン、クッキー、カレーのグルテンフリー版が欲しい人
・好きなことで仕事/副業をしてみたい人
・システムエンジニア、アプリ開発ができる人

投資家
★投資家 募集(専門店&BARオープンに向けて)

完全会員制のグルテンフリー専門店&BAR『GFUG』のOPENに向けて、皆様の温かい資金のご支援・アドバイスを求めています。隠れた個室を設けて、接待・商談・デートなどで利用しやすい施工にしたいと考えています。完全会員性なので“第3の場所”として安心に使えるお店を、東京に一緒にオープンするためにサポートして頂けませんか?ご連絡、お待ちしております。宅地建物取引士の資格だけ、井上があります。

キッチン・店長
★キッチン・店長候補 募集★

完全会員制のグルテンフリー専門店&BAR『GFUG』のOPENに向けて、「カフェやレストランで独立を考えていた!」という方と私たちは協業がしたいです。グルテンフリーのコンセプトが軸に、素敵な料理とワインを提供する『GFUG』を一緒に運営してみませんか?創業のための助成金・補助金の申請は、すべてemotional tribeがサポートします。2015年から私が手掛けた補助金申請書は、すべて採択されている実績があります。

GMF
GFM 募集 ※GFM=グルテンフリーメイト

経営者、会社員、主婦、学生…。立場や年齢は関係なし!
それよりも、大事なのは「目的」と「意識」が共有できていること。
あなたの個性と得意分野を活かせるのが、GFUGプロジェクトです。

【こんな人にオススメ&探しています】

・小麦アレルギー、グルテン過敏症の人(自分or家族)
・美容と健康のために、グルテンフリーの生活を実践している人
・餃子、パン、クッキー、カレーのグルテンフリー版が欲しい人
・好きなことで仕事/副業をしてみたい人
・システムエンジニア、アプリ開発ができる人


Q&A

  • Q

    グルテンフリーが日本で広まらない本当の理由は何ですか?

    A
    テレビでは特集されないテーマだからです。テレビ番組の予算を握るスポンサーには、ビール、ピザ、パン、パスタ、醤油、カレー・シチューのルウを扱っている企業がありますよね。つまり、ありとあらゆるCMは、小麦が関わっているため、テレビ局はグルテンフリーに触れたくないのです。しかし、ここには大きな勘違いがあります。それは、グルテンフリーという言葉を正当化するために小麦を悪者扱いした人たちがいただけで、グルテンフリー自体は、本来ならば“食の選択肢”なのです。そのため、何も恐れることはないはずです。そのためGFUGでは、かつてのグルテンフリーの古い価値観を壊して、心では小麦と共存ができるブランドにしていきたいと考えています。  
  • Q
    何故、アンダーグラウンド(英語:underground)というネーミングにしたのですか?
    A
    アンダーグラウンドには、「大衆的でない前衛的な文化(サブカルチャー)の総称」という意味があります。グルテンフリーを食文化として捉えたとき、まだまだ日本では“アンダーグラウンド”であるため、この名前を想起しました。
  • Q
    GFUGの商品は、どちらで購入ができますか?
    A
    オンライン上でお買い求めいただきます。店頭での販売はしておりません。詳細は、コチラからご覧ください。https://community.camp-fire.jp/projects/view/200239
  • Q
    GFM(=グルテンフリーメイト)とは、何ですか?
    A
    GFMとは、GFUGの理念やビジョンに共感してくれたオンラインサロンメンバーを指します。顧客ではなく、仲間の位置づけが強いので、MATE(メイト)にしました。
  • Q
    GFM(=グルテンフリーメイト)になると、どのようなことができますか?
    A
    毎月、GFUGの商品がご自宅に配送されます。また、GFUGの定期的なミーティング(商品会議)に任意参加ができて一緒にプロジェクトを進めることができます。詳しくは、規約をご覧ください。
  • Q
    なぜ、GFUGの商品には乳製品(ミルク)をなるべく使わないのですか?
    A
    グルテン過敏症の方は、同時に乳糖不耐症である方も多いからです。テニスプレーヤーのジョコビッチ選手も乳製品にも反応する体であることを公表しています。グルテン過敏症の方の傾向に基づいた商品づくりの結果です。
  • Q
    「グルテンフリーランス検定」は、どこで受けられますか?
    A
    「グルテンフリーランス検定」は、1日で履修できる検定資格で、所要時間は約60分です。講義は、すべて電話で行っています。
    ①受講料の振込後、テキストがご郵送されます
    ②講師の井上と日時を決めて講義します
    ③質疑応答・ビジョンづくりで、あなたもグルテンフリーランス!
    受講料は15,000円(税込)で、テキスト代・配送料が含まれます。
  • Q
    「グルテンフリーランス検定」の内容を教えて下さい。
    A
    小麦とグルテンフリーの基礎知識、グルテンフリーの製法、市場規模、市場分析、グルテンフリー競合商品について学びます。また、知識を活かすための広義なマーケティング、LTV、PRアプローチなど“自営”するために必要な視点も修得ができます。
  • Q
    「グルテンフリーランス検定」を受けると、どんな特典がありますか?
    A

    オンラインサロン『GFUG』の月額6,000円リターンコースが、同様の内容で5,000円になります。グルテンフリーの知識も得られて、年間12,000円もお得に商品を買うことができるのでオススメです!

  • Q
    何故、アンダーグラウンド(英語:underground)というネーミングにしたのですか?
    A
    アンダーグラウンドには、「大衆的でない前衛的な文化(サブカルチャー)の総称」という意味があります。グルテンフリーを食文化として捉えたとき、まだまだ日本では“アンダーグラウンド”であるため、この名前を想起しました。

CONTACT

社名 emotional tribe
代表 井上 嘉文
創立 2019年1月4日
事業内容 プロデュース業務全般・PRコンサルティング業務・検定セミナー業務
TEL 050-7518-2194
Mail info@emotional-tribe.com
事業内容 プロデュース業務全般・PRコンサルティング業務・検定セミナー業務
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信